PRESS RELEASE
プレスリリース

3/24(金)~26(日)の3日間、今年も東京の臨海地域にあるビッグサイトにて開催される、「第44回東京モーターサイクルショー」。
この国内最大級のモーターサイクルの祭典に、INDIAN MOTORCYCLEが出展をいたします。

 

■第44回東京モーターサイクルショー 

http://www.motorcycleshow.org/

 

アメリカ最古のモーターサイクルメーカーとしての揺るぎない歴史を背景に、INDIAN MOTORCYCLEは、最新テクノロジーを随所に注入することで、アメリカンクルーザーとしての概念を覆す別次元の仕上がりを、各モデルで実現しております。最新の2017年モデルは、これまで高い評価を頂いております、静粛性と扱いやすさを高次元で融合させた質の高い快適性、また太いトルクを自在に扱えるエンジンと堅牢なアルミフレームの組み合わせによる高次元な走りを引き継ぎ、さらなる機能、及び付加価値を加えて登場。新機能「ライドコマンド」(ロードマスター、及びチーフテン)の搭載や、カジュアルな新色の追加を含め、より充実したラインナップとなりました。

今回のモーターサイクルショーでは、インディアンの最新モデルに加え、ヴィンテージモデルとして必見の「警視庁赤バイ モデル」(1917年製 インディアン・パワープラス1000 + 側車付き)も展示。プレスキット配布も致しますので、ぜひ西2号館 A-11インディアンブースへお越しください。

 

■INDIAN MOTORCYCLE 注目の展示車両

 ID17 004 01

ロードマスター・クラシック(RIDE COMMAND装備)

 

ID17 004 01

スカウト(新色/ツートーン)       

 

ID17 004 01

INDIAN 赤バイ(1917)/パワープラス1000 + サイドカー  

 

INDIAN 7モデル、VICTORY 3モデル、INDIAN 赤バイの合計11台を展示予定です。 
ぜひ、INDIANブースに足をお運びください。よろしくお願いいたします。

 

本情報についてのご質問、詳細につきましては、下記までお問い合わせください。

<お問い合わせ先>

株式会社 ホワイトハウスオートモービル 
東京オフィス
東京都世田谷区桜丘4-24-16 

TEL 03-5426-1906   FAX 03-5426-1902
担当:高城(たかぎ) 直通080-4409-3811

pickup movie
pickup history
pickup finance