PRESS RELEASE
プレスリリース

インディアン・モーターサイクル・レーシングは本年、60年以上も遠ざかっていたプロフェッショナル・フラットトラック・レーシングの世界へ、周囲の大きな期待を背負って復活いたしました。そして、長きにわたるブランクをものともせず、復活初年度にも関わらず、アメリカン フラットトラック チャンピオンシップを席巻するという偉業を達成いたしました。

 2017 American Flat Track Championship全戦終了 Indianが復活初年で、シリーズチャンピオンを獲得!

----- カリフォルニア州ペリス発 (2017年10月9日) -----
インディアン・モーターサイクル・レーシングは本年、60年以上も遠ざかっていたプロフェッショナル・フラットトラック・レーシングの世界へ、周囲の大きな期待を背負って復活いたしました。そして、長きにわたるブランクをものともせず、復活初年度にも関わらず、アメリカン フラットトラック チャンピオンシップを席巻するという偉業を達成いたしました。 ブランニューモデルとして登場したプレミアレースバイク「スカウトFTR750」とともに、ワークスチーム「Indian Wrecking Crew」(インディアン レッキング クルー)は、Jared Mees(ジャレッド ミーズ)、Bryan Smith(ブライアン スミス)、Brad Baker(ブラッド ベイカー)を擁し、2017シーズン合計14勝、表彰台獲得数 37、表彰台独占 6回という目覚ましい活躍を見せました。中でもMeesの活躍は、シーズンを通して他のライバルメーカーの追随を許さず、2017年度のグランド ナショナル チャンピオンシップ獲得に至りました。

 2 2017.10.13

3月のデイトナTTでのデビューウインに始まり、スカウトFTR750とともにその速さでシーズンを牽引したMeesは今シーズン、スカウトFTR750で18回のレースに出走、カリフォルニア州ペリスでの最終戦でもシーズン10勝目を挙げ、自身のキャリアで4回目となるグランドナショナルチャンピオンシップを獲得しました。 「インディアン モーターサイクルと共に闘った今シーズンは、信じられないことの連続でした。昨年、スカウトFTR750を最初にテストして以来、FTR750は私がこれまで乗ったこともなく、また過去に競った記憶にもないほどの素晴らしいバイクとして、シリーズを走り切ってくれました。チームスタッフ全員、全てのファンの皆様、そして妻の愛とサポートに、大いに感謝しています。本当に特別なシーズンでした。もちろん、来年もトップを狙います」

 3 2017.10.13

Wrecking CrewのチームメイトであるSmithとBakerは、それぞれ2位と3位でシーズンを終了。 Smithは表彰台を9回獲得(優勝4回、2位3回、3位2回)、Bakerは、怪我の影響から最後の2レースは残念ながら参戦できませんでしたが、通算10回の表彰台獲得(2位5回、3位5回)を果たしました。 「初期のテスト段階から、このバイクが特別な存在であることはわかっていました。ですが、シーズンを通してそれを維持するために、チームは素晴らしい活躍を見せ、スカウトFTR750に数えきれないほどの時間を注ぎ、結果的に最高のレースバイクとして仕上げることができたのです」 そう語るのは、インディアン モーターサイクルの副社長である、Gary Gray(ゲイリー・グレイ)です。 「賞賛の多くが、Jared、Bryan、Bradの、インディアン モーターサイクル レッキング クルーに贈られていますが、それらは、彼らと、サポートしたチームがもたらした今シーズンの努力、及びすべての仕事の結果であり、賞賛しつくせません。2017シーズンは、我々の予想を大幅に上回ったすばらしい年でした。その勢いにそのまま乗って、2018年を闘えることに、大変興奮しています」

 4 2017.10.13

 

link

 

<お問い合わせ先>

株式会社 ホワイトハウスオートモービル 
東京オフィス
東京都世田谷区桜丘4-24-16 

TEL 03-5426-1906   FAX 03-5426-1902
担当:高城(たかぎ) 直通080-4409-3811

pickup movie
pickup history
pickup finance