PRESS RELEASE
プレスリリース

INDIAN MOTORCYCLEの正規輸入代理店・株式会社ホワイトハウスオートモービルは、2018年モデルのラインナップ、及び国内向けメーカー希望小売価格を発表いたしました。2018年は、近年のインディアン・モーターサイクルにおいて、より充実したラインナップと、お求めやすい価格設定を実現しました。

空冷OHV1811ccのサンダーストローク111エンジンは、パワーで21%、トルクで12%の出力アップを実現し、シャシー面では、トラディショナルな前後16インチホイール仕様に加え、フロント19インチ/リア16インチ仕様も用意し、スタイル面でも選択幅が広がりました。

 水冷DOHCのスカウト系エンジンは、右手にリニアに反応するレスポンス、低回転域から十分以上のトルクを発揮するフレキシビリティはそのままに、細部の見直しを図り、より緻密でシルキーな回転を実現。シャシーはフレームセンター部分のパイプをスチール製からアルミ製とし、剛性の見直しを図りました。

また、2018モデルでは、日本発の試みとして、ファクトリー カスタムペイント プログラムもご用意しております。こだわりの個性派ライダーに向けた、ペイント セミオーダー プログラムです。

■ロードマスター・エリート(NEW MODEL)


インディアン・モーターサイクルの新たなフラッグシップ『ロードマスター・エリート』は、別格の仕上がりを誇ります。23K純金を使用したエンブレム、1台につき30時間をかけて塗装された2トーンキャンディコバルトパールペイントなど、従来のモーターサイクルでは見られない手間とコストをかけ、最高峰のプレミアムフィニッシュが施されました。300ワットプレミアムオーディオ、レザーアームレスト、2連コンソールゲージ等、これまでのロードマスターが持つ充実装備にさらに磨きをかけ、フラッグシップに相応しい、贅を尽くし、質を極めた内容を、標準化しました。

また、ロードマスター・エリートを含むチーフ・シリーズに搭載される「サンダーストローク111エンジン」は、2018モデルから最高出力84hp(従来比21%増)、最大トルク151Nm(同12%増)となり、排気量は従来通りながら、大幅なパワーアップが図られております。日常使用から、ツーリングに至るまで、余裕のパワーとトルクで、「走りのインディアン」をさらに際立たせる走行性能と快適性を実現いたしました。

メーカー希望小売価格:5,880,000円(消費税込)

Lineup images

■スプリングフィールド・ダークホース(NEW MODEL)

人気のダークホースシリーズに最新モデル『スプリングフィールド・ダークホース』が登場。 シックなマットブラックフィニッシュに加え、19インチ10スポークフロントホイール、オープンフロントフェンダー、スモークフロントシールドを装備し、一層精悍なルックスをまといました。また、標準装備のハードタイプサドルバッグは、タンク上のコンソールに配置されたボタン、及び手元のキーフォブでロック開閉の操作が可能です。余裕の容量とオールウェザー仕様で、旅先の急激な天候変化にも、しっかりと荷物を護ってくれます。

メーカー希望小売価格:3,600,000円(消費税込)

Lineup images

「チーフテン・シリーズ」

2018モデルで、バリエーションが最も充実したチーフテン・シリーズ。エンジンのパフォーマンスアップとともに、従来のオーセンティックなフロント16インチモデルに加え、よりモダンなフロント19インチモデル3機種を追加しました。また、価格も従来よりお求めやすい設定とさせていただいております。威風堂々のデザインと、走りの愉悦を両立させた、インディアンの中核を担うチーフテン・シリーズは、総勢4モデル、10カラーよりお選び頂けます。

■チーフテン

・19インチ10スポークフロントホイール/オープンフェンダーが標準装備されます

メーカー希望小売価格:3,600,000円(消費税込)

Lineup images

■チーフテン・ダークホース

・19インチ10スポークフロントホイール/オープンフェンダーが標準装備されます

メーカー希望小売価格:3,900,000円(消費税込)

Lineup images

■チーフテン・クラシック

・前後16インチホイールに、インディアンヘッドを施したインディアン伝統のアイコニックなフロントフェンダーを装備します

メーカー希望小売価格:3,990,000円~(消費税込)

Lineup images

■チーフテン・リミテッド

・19インチ10スポークフロントホイール/オープンフェンダーが標準装備されます

・新色ブリリアントブルー、サンダーブラックパール・グラフィック、ブロンズスモーク・グラフィックを加え、全5色から選べるようになりました

メーカー希望小売価格:3,990,000円~(消費税込)

Lineup images

■インディアン・チーフ(NEW MODEL)

好評のチーフ・クラシック、チーフ・ダークホースに加え、『インディアン・チーフ』がラインアップされました。キーレスイグニッション、クルーズコントロール、ABS、クロームアクセントと、充実した基本装備を持ちながら、お求めやすい価格に抑えた、カスタマイズベースとしても魅力の1台です。ボディカラーは新色のスチールグレーです。

メーカー希望小売価格:2,900,000円(消費税込)

Lineup images

■スカウト

スカウトは、基本構成を従来通りとしながらも足周りを中心にリファインを施しました。とくに、新設計カートリッジフォークフロントサスペンション、ピレリタイヤの採用により、乗り心地の向上とともに、ハンドリングがよりナチュラルな動きとなり、ライダーに伝わる情報量が増大。「走りのスカウト」を一層際立たせる仕上がりとなりました。また、リアパッセンジャーレザーシート/リアフットペグを標準装備しつつ、価格もお求めやすく改定いたしました。ボディカラーは、カスタムライクな新色メタリックジェイド(濃緑)、ウィローグリーン/アイボリークリーム2トーンを含む、全5色をラインアップしました。

メーカー希望小売価格:1,880,000円~(消費税込)

Lineup images

■スカウト・ボバー (2017年8月発表)

スカウト・ボバーは、ローライズなトラッカーハンドルバーと、38㎜後退したフットペグで、より一体感のあるアーバンライディングを可能としています。また 足周りにはローダウンリアショックユニット(スカウト比1インチダウン)を装備し、ブラックホイールにボバー専用タイヤを履かせたアグレッシブスタイルとなりました。加えて、ブラックヘッドライトナセル、ミニマムエンジンカバー、スロット入りエキゾーストカバー、ブラックスピードメーターパネル、ブラックエキゾースト、前後チョップドフェンダー、ツートンレザーボバーシート、ブロックレターバッジ等、ボバー専用開発パーツを装着。オールドスタイルを巧みに演出しながらも、中身は最新技術に支えられた先進の性能を誇り、そのギャップとともにワイルドな走りが特徴です。

メーカー希望小売価格:1,990,000円~(消費税込)

Lineup images

※日本仕様にはハンドルバーエンドミラー、オフセットナンバープレートは装備されません。

なお、各モデルは2018年1月より、順次店頭へデリバリーを開始いたします。

■ICON CUSTOM PAINT PROGRAM

2018年モデルでは、メーカー純正 カスタムペイントを最初から選べる「アイコン・カスタムペイントプログラム」を日本に初導入いたしました。ロードマスター、スカウトの2機種に、ハイレベルな仕上がりを持つ、ファクトリーカスタムペイントを、各々5色ご用意しました。

【ポイント】

・ペイント技術、仕上がりの美しさともに定評のあるインディアン純正ペイントワークを応用した、セミオーダーペイントプログラム

・スカウトとロードマスターに、各5色用意

・純正カラーに対する価格差を極力抑えた魅力の価格設定

メーカー希望小売価格(消費税込)
スカウト:1,970,000円~      ロードマスター:4,890,000円~

※納期も通常のご注文同様で納車   (アイコンシリーズだけ納期が長くなる、ということはございません)

【スカウト・アイコンシリーズ】
※全車パッセンジャーシート標準装備となります

Lineup images

【ロードマスター・アイコンシリーズ】

Lineup images

リンク:メディア向けプレスリリース

上記リンクよりメディア向けのプレスリリースをダウンロード・閲覧できます。

pickup movie
pickup history
pickup finance