photo

「スカウトFTR1200カスタム 誕生背景」

アメリカの伝統的モータースポーツであるフラットトラックレース選手権に於いて、昨年、復活1年目にしてシリーズチャンピオンを獲得したのが、インディアンのレース用モデルである スカウトFTR750です。
インディアンのワークスチーム「レッキング・クルー」に所属する、ジェアード・ミーズ、ブライアン・スミス、ブラッド・ベイカー、3人のライダーの活躍で、アメリカの伝統あるレースの歴史に、再びインディアン・モーターサイクルの名を刻むことができました。その栄光を記念し、製作されたワンオフのカスタムモデルが、スカウトFTR1200カスタムです。
そこには、スカウトFTR750の開発で培ったテクノロジーを、レースという限られた世界だけではなく、幅広いユーザーに向けた製品にも反映できるものであることを証明すること、またインディアンブランドをより広く、多くの方に知っていただく狙いもあり、製作した1台なのです。

「インディアンが考える、スポーツモデルとしての一例」

レース仕様のスカウトFTR750と異なり、同様のスタイルを確保しながらも、スカウトFTR1200カスタムは公道走行を前提とした作り込みがなされています。
エンジンは市販モデルであるスカウトの1133cc水冷Vツインを、この車両のためだけに製作されたクロモリパイプ製トラスフレームに搭載。 フルアジャスタブルのオーリンズ製フロントフォークとリアショックを装備し、専用製作の外装はドライカーボン製。 車重は194㎏にまとまっております。

photo
photo

このモデルについて、日本のモーターサイクルファンの皆様の率直なご意見をお聞かせいただきたく、アンケートを募集しております。ぜひ、皆さまのご意見、伺わせてください!

» アンケートページへ  ~記入はコチラから!~

pickup movie
pickup history
pickup finance