toppanel01

HISTORYヒストリー

アメリカ人の心に刻まれた、モーターサイクルの源流。

自転車レーサーだったジョージ・マロリー・ヘンディーと、エンジニアのカール・オスカー・ヘッドストローム。
意気投合した二人の男は、1901年、アメリカ最初のモーターサイクル「1901 シングル」を生み出した。
“フロンティア・スピリットにあふれた、まさにアメリカらしい製品”として、二人は、その革新的なマシンに「インディアン」と名付けた。


1901-1909

1901 ・米国初のモーターサイクル「1901シングル」を発表。
・プロトタイプを含む計3台を製作。
1902 ・革新的なチェーンドライブと洗練されたスタイルを備えた、最初のインディアンを発売。
・3台のインディアンがボストン・ニューヨーク長距離レースでメカニカルトラブルなしで完走。
1903 ・インディアンの共同創業者でチーフエンジニアのカール・オスカー・ヘッドストロームがモーターサイクルの世界最高速(時速90km/h)を樹立。
1904 ・インディアンのトレードマークとなる深紅の車体カラーを初めて採用。
・セントルイス万国博覧会で優れた工業製品として金メダルを受賞。
1906 ・米国製としては初のV型2気筒エンジンモデルを発表。
・サンフランシスコ・ニューヨーク間を従来の記録を18日間も更新する31日間で走破。
1907 ・ニューヨーク市警が最初の警察用バイクとしてインディアンを採用。
・第1回 英国1000マイル耐久レースでV型2気筒エンジンの「ツイン」が優勝。
1908 ・インディアナポリス・モータースピードウェイで初めて開催されたレースで優勝。
・ニュージャージー州の自転車用オーバルトラックで110km/hを記録。
1909 ・水平に伸びたフレームに燃料タンクを配置した「ループフレーム」を採用。他メーカーも追随し、モーターサイクルの基本的な形式となる。

1901 Indian Single

1908 Indian Twin

1910-1919

1911 ・初めて伝統の「マウンテンコース」を使用した1911年のマン島レースにおいて、1-2-3フィニッシュを飾る。
・全米における速度記録のタイトルを全て獲得。
1914 ・モーターサイクルでは世界初の電気式ヘッドライトとスターターを装備。
・かつてインディアンが打ち立てた大陸横断記録をさらに20日間も短縮する11日間12時間10分の新記録で、サンディエゴ・ニューヨーク間を走破。
1916 ・V型2気筒1000ccサイドバルブ 「パワープラス」エンジンを採用。
・第一次世界大戦により、レース活動を一時中断。4万1000台もの軍用モーターサイクルの供給を行う。
1918 ・1気筒あたり4バルブのレース用V型2気筒OHV「パワープラス」エンジン搭載車が最高速度193km/hを達成。

1912 Indian Eight-Valve Racer

1920-1929

1920 ・セミモノコック構造を採用したV型2気筒600ccの「スカウト」を発売。
1922 ・V型2気筒1000ccの「チーフ」を発売。
・米国で初めて「密閉式」アルミニウム製プライマリーケースを採用。
1923 ・V型2気筒1200ccの「ビッグ チーフ」を発売。
・社名を「インディアン モーターサイクル カンパニー(Indian Motorcycle Company)」から「インディアン モトサイクル カンパニー(Indian Motocycle Company)」に変更。
1927 ・直列4気筒エンジンを採用した「エース」(後に「フォア」へ車名変更)を発売。
1928 ・V型2気筒750ccの「101 スカウト」を発売。
1927 to 1929 ・ボブ・アームストロングが3年連続で全米ヒルクライム選手権に優勝。

1928 Indian 101 Scout

1930-1939

1930 ・デュポン社と合併、その傘下となる。
1936 ・カリフォルニア州のミューロック乾湖(現在のエドワーズ空軍基地)で開催されたロサンジェルス速度記録レースにおいて、「スポーツ スカウト」が最高速度207km/hで優勝。
1937 ・モーターサイクル初のツインキャブレター車を発売。
・第1回「デイトナ 200」で「スポーツ スカウト」が優勝。
1939 ・第二次世界大戦が始まり、軍用バイクの供給に専念。

1935 Indian Chief

1940-1949

1940 ・プランジャー式リアサスペンションを採用。
1941 ・先進的な縦置きVツイン、シャフトドライブ、4速ギアの軍用モーターサイクル「841」の生産を開始。
1943 ・「陸・海軍 製品賞(Army-Navy Production Award)」を受賞
1945 ・トルク・エンジニアリング社に吸収・合併。製造部門はアトラス社へ、販売部門はインディアン・セールス社へと分割される。
1948 ・1947年型「スカウト」が新コースで初めて開催された「デイトナ200」で優勝。

1947 indian Chief

1950-1953(-1967)

1951 ・80キュービックインチ(1300cc)エンジンの新型チーフを発売。
1953 ・戦後から続いた販売不振により、スプリングフィールドでの生産を終了。
1967 ・ニュージーランド人のハーバート・“バート”・マンローが自ら改造した1920年型 スカウトにより、ユタ州ボンネビル・ソルトフラッツの陸上速度記録レースにおいて1000cc以下クラスの速度記録を樹立。

1999-2003

複雑に絡み合った商標権の問題は永年、インディアン復活への試みを幾度も挫折に追い込む。1998年、かつて競合関係にあった各社が合併し、インディアン・モーターサイクル社に発展。1999年に生産を始めるが、事業は成功せず、2003年がその会社の最後のモデルイヤーとなる。


2003 Indian Chief

2004-2011

2004 ・スティーブン・ジュリアスとスティーブ・ヘスは、経営困難にあったクリス・クラフト・ボート社を立て直した後、インディアンに注目。二人はトレードマークの商標権や数々の特許を取得し、インディアン復活を目指す。
2005 ・アンソニー・ホプキンス主演の映画『世界最速のインディアン(The World's Fastest Indian) 』が公開される。
2008 ・新生インディアン・モーターサイクル社のノースカロライナ州キングスマウンテン工場から2009年モデルの「チーフ」がラインオフ。
2011 ・パワースポーツの世界的リーディングカンパニー、ポラリス・インダストリーズ社による新たな経営体制がスタート。アイオワ州スピリットレイクの新工場で生産開始。

2009 Indian Chief

2013-2014

2013 ・新たに開発されたエンジン「Thunder Stroke111」を搭載した新型チーフ・クラシック、チーフ・ヴィンテージ、チーフテンがデビュー。同年秋に正式発売開始。
2014 ・インディアン初となる水冷エンジンを搭載するミドルウェイト・クルーザー「スカウト」を発表。
pickup movie
pickup history
pickup finance